artrest

24時間対応076-201-8573

I work for someone.

お知らせ

I work for someone.

更新日:2018/12/19

皆様閲覧ありがとうございます。代表の菅原です。

先週末から今日まで東京出張に行っておりました。今回新しく頂戴した仕事もあり、不在にしていた期間に溜まってしまった仕事もあります。これから取り掛からねばです。
事業始める前の自分であれば言い訳を探し、期限を先延ばしにしてダラダラブツブツと仕事をしていたのかもしれませんが、今は仕事が楽しくて仕方がありません。
利用者様が喜んでくれたエピソード。楽しそうなスタッフの顔。お世話になっている方々へ恩返しする為に。いろんなことを思い浮かべると力が湧き、目の前の仕事が理想へと続く階段の一段一段に見えてくるのです。
こうなるともう止まりません。あと一枚。あと一仕訳。あと一冊。あと一人。あともう一工夫。嗚呼、今夜も長くなりそうです。
自分の為なら限界を設けてしまうのに、人の為なら何故こんなにも力が湧いてくるのか。暫く考えましたが、これは人間の進化の過程にヒントがあるのではないでしょうか。
人類の遠い先祖が群を作らず獲物を求めて彷徨っていた時代、自分の分の餌さえ確保できれば空腹は満たされ、必要以上の食事をする必要はありませんでした。
それが徐々に進化し人類は群を作り、自分以外にも食べ物を分け与えることを覚えます。
自分一人がお腹がいっぱいになる分は有限ですし、このくらいだろうと目安を立てることができます。それが他の人も、となると目安を立てるにが一気に難しくなります。
もし与える相手が自分にとって大切な人だったら?もし与えるものが食べ物ではなく笑顔や喜び、やり甲斐といった抽象的なものだったら?
現状僕が与えたいと思っている対象はスタッフであり、与えたいものは抽象的なものです。
自分以外の大事な人に、抽象的なものを「このくらい」と線を引くことはできませんし、しませんし、意味がありません。自分の想像力次第でいくらでも追求することができます。
昔は「みんなの為に頑張ります」などと言って目をキラキラさせている人を「腹の中で何考えてんだか」と勘繰ったものですが、鏡に移る自分の目がキラキラし始めた最近、昔の自分が浅はかだったか気付かされ恥ずかしく思えてきます。
大事MANブラザーズバンドも『愛に限界はない』という曲を出していましたが、そういうことなのかなと最近は思っています。
夜中にブログ更新するとどうしてもポエミーになってしまいますね。暑苦しい更新失礼致しました。
読んでくださった皆さんも今から何かをする際、立ち止まってしまうことがあったら「誰の為にそれをするのか」を考えてみてください。もし真っ先にあなたにとって大事な人が浮かぶなら、それは大事なことで、すべきことです。
真っ先に浮かばなかったとしても、真面目に誠実に創意工夫しながら仕事をしていれば、巡り巡って大事な人に良いことが届くように社会はできているんだなと最近実感してます。気にしないで大事な人の為に明日も働きましょう。
深夜に徒然なるままに書き散らした悪文をここまで読んでくださってありがとうございました。
読んで下さった方に素敵なことがありますように。
TOPへ
TOPへ