artrest

24時間対応076-201-8573

キャンナスってご存知ですか?

お知らせ

キャンナスってご存知ですか?

更新日:2019/07/24

どうも皆さんこんにちは!

いつも弊社ブログの閲覧誠にありがとうございます。代表の菅原です。

 

皆さん、キャンナスってご存知ですか?

 

先日病院から自費の訪問看護の問い合わせがあったので料金をお伝えしたところ「お高めね〜」と言われました。

(これでも業界ではかなり安い方なのですが…😂質だって凄くいいのに…ブツブツ)

 

さてさて、愚痴はさておき、弊社サービスの利用に繋がらなかっととしても困っている人がいるなら助けたいと思い、他のサービスを探しました。

 

そんな中で見つけたのがキャンナスでしした

 

以下、HPから代表挨拶の引用

https://nurse.jp

 

キャンナスのネーミングは、“デキル(Can)ことをデキル範囲で行うナース(Nurse)”の意味から名づけられました。

スタッフの看護師はみんな、一度家事や育児などに追われリタイヤを経験しています。

それぞれが制約を持ちながらも、再び何とか自分の貴重な経験や技術をボランティアナースとして生かしたい、という熱い思いから集まってきました。

家庭に入ってしまい看護師業をお休みしていたこの私が、地域福祉のために何かできないかと考え始め、同じ理由で看護師免許を活かしていない看護師さんに呼びかけたのがキッカケです。

私自身、夫の祖父母、父、母を在宅で看護して初めてその大変さに気づかされました。

この経験で、介護する人が息抜きをして心身ともにリフレッシュできれば、もっと優しく介護ができて、もっと長く続けられることがわかったのです。

これは私にとって、とても大きな発見でした。

私たちの活動は、介護に疲れたご家族を休ませてあげたい、というのが原点です。

相互扶助の考えのもとに、みんなが安心して暮らせる社会にしたい。

キャンナスは、介護保険制度下では対応しきれない滞在型訪問介護のスタイルを貫いて、地域に根付いたボランティア団体として全国各地で活動しています。

一人のナースが勇気をもって出てきてくれたら、一人の困っている人が助かります。

もっと多くの看護師さんがキャンナスに参加してくださることを願い、毎日在宅介護に励んでいらっしゃる皆さまがキャンナスを上手に利用し、ご家族と優しく接し続けられることを心から願っております。

 

有償ボランティアという形で潜在労働力に対して仕事を提供する。かつ安価で提供できるといういい形ですね。

 

ちゃんと金沢にもありました。

http://cannus.jp

 

医療依存度の高い方はどうするんだろう…など若干疑問が残りますが、通常の同行程度であれば使ってみるのもいいかもしれません。

 

もし弊社の隣にあったらもっと情報共有の精度も上がるし教育もできるし、なんなら有償のボランティア→復職という流れで登用して効果的に運用できるなぁと思いました。弊社もやりたいなぁキャンナス。

 

話を戻しますと、結局この件ではキャンナスの利用には至らなかったのですが、いい提案ができたと個人的には思っています。

 

弊社では訪問看護の利用に繋がらなかったのでサヨウナラ〜ということはしません。

もちろん相談もされていないのにズケズケと話すということもしませんが、相談してくだされば私含め弊社スタッフは精一杯力になります。

 

今の自分たちの仕事が未来の医療・介護の形を作ると信じているからです。

 

僕は家で死にたい。

その時に受けたいと思えるサービスを追求していく。

困った時は職種関係なく助け合える社会であってほしい。

 

となれば親身になるのは当たり前です。まだまだではありますが。

 

こういったいろんな形の訪問看護を参考に、もっと一般の方が使いやすいサービス構築をしていきたいです。

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございました!

読んでくださった皆さんに素敵なことがありますように。

 

TOPへ
TOPへ